時計の分解掃除って何!?機械式時計初心者が購入前に知って置くべき基本知識

なぜ機械式時計にオーバーホールが必要か?

機械式時計は約3年ごとのオーバーホールと呼ばれるメンテナンスが必要です。プロの時計職人に依頼するメンテナンスで機械式時計全体を分解して行われます。機械式時計は日々自分でお手入れをしていても、ケース内部に皮脂や水分が侵入し錆付きや腐食等が発生することがあります。この様な外側からは見えない場所に起こり得るトラブルをチェックし、故障に至る前にメンテナンスを行うのがオーバーホールです。汚れを取り除く他、潤滑油や部品の交換などをして状態を良く保ち、長く機械式時計を使用しましょう。

オーバーホールに掛かる料金とは

機械式時計のオーバーホールは、機械式時計のメーカーや腕の良い時計職人のいる一般的な時計店へ依頼することで受けられます。料金は機械式時計のタイプにもよりますが、時計店へ依頼する方が一般的に低コストです。機能が少ない機械式時計ならば3万円前後からが平均的でしょう。安くはない料金が掛かるため、一見トラブルが起きていないからとメンテナンスをしないで置くと、次にオーバーホールを行う時に却って部品交換代が高くなる場合もあります。定期的にオーバーホールを行うことが大切です。

オーバーホールの依頼について

オーバーホールは時計店などに依頼をしますが、まず見積もりを取って下さい。思ったよりもコストが掛かると感じた場合には勿論キャンセルすることは可能です。しかしキャンセルする場合には、見積もりに掛かった料金が請求されることもあるため事前確認をして置きましょう。また機械式時計の中に、オーバーホールを断られるアイテムも存在します。改造を施したものや、ブランドのコピー商品などです。オーバーホールに掛かる日数は3週間から1か月程が一般的です。機械式時計を使用する予定に合わせて依頼をしましょう。

ダミアーニはイタリアのジュエリーブランドで、親子3代に渡り同族経営を行っていることでも知られています。